金沢高等学校 KANAZAWA HIGH SCHOOL

ホーム  >  学校紹介  >  学校概要

学校紹介

学校概要

校訓
質実剛健
理事長
河合 敦夫
学校長
杉浦 外美夫
所在地
〒921-8515 石川県金沢市泉本町3丁目111番地
TEL:076-242-3321 FAX:076-243-7231
スクールカラー
臙脂(えんじ)色
校章・校旗の由来
大きなペン先3個と小さなペン先3個を組み合わせています。
大小3個ずつのペン先は、人格を形成してゆくための「知・徳・体」を表しています。
校章と校旗
在籍数
学年 男子 女子 合計 クラス数
1年 266 199 465 13
2年 283 198 481 13
3年 226 191 417 12
合計 775 588 1363 38
※2019年4月末 現在

ごあいさつ

ホームページを訪問していただきありがとうございます。
この度、訪問していただく皆さんに対し、本校をより深く理解していただくために、より見やすく、検索しやすいものを目指し、ホームページを一新いたしました。 どうぞこれまで以上にご利用していただくようお願いいたします。

現在、私たちを取り巻く社会状況は、テクノロジーの発展・グローバル化などの影響で、私たちの予想を越える速さで変化しています。 そのような社会では、知識の量などの基礎学力に加えて、多様な人々と協力しながら新たな価値を創造していくためのコミュニケーション力や思考力が一層重要となってきます。 そのような中、国の施策として、2018度入学生から「高大接続改革」が始まるとともに、2022年度から「新学習指導要領」が年次進行で導入されていきます。(2019年3月「新学習指導要領」が告示され、その内容が明確になりました。)
これまで本校は『人間力の育成』を基盤に、『計画的・継続的・あきらめない生活指導』、『生徒一人ひとりの個性に応じた進路実現へ向けた学力強化』、そして『充実した部活動』を中心に据えて教育活動を進めてきました。
新しい時代を迎え、学校教育に求められることも大きく変化する中で、準備期間を経て、本校は2018年度から、新たな教育内容を加え、4本の柱と命名し、再スタートいたしました。

新しい教育内容はまさに本校の『挑戦』であり、本校全教職員による「新しい時代で逞しく活躍できる人材育成」への熱意が集約されたものです。 その内容は3つに分かれ、1つ目は、『ICT活用』です。タブレットを利用した新しい形の授業や学支援ソフトでの個別学習、プロジェクター利用した視覚的に理解していく授業を進めています。 2つ目は、『探究的な学習』で、金沢工業大学及び北陸大学と協定を締結し、大学の先生方との研究を進め、生徒が≪課題設定→情報の収集→整理・分析→まとめ・表現≫を行う「PBL型学習(問題解決型学習)」に取り組んでいます。 3つ目は、外部(経済産業省中小企業庁と起業家教育事業、ユニクロ、三井住友銀行、ソニー生命、小松サマースクールなど)との連携を進め、多様な生徒たちの育成を図っています。

また、教育環境整備にも着手し、2019年11月頃には東側駐車場跡に新校舎(アクティブラーニング教室、理科実験室が2室、華道教室、書道教室、職員室、教室)が完成する予定です。

本校がこれまで評価をいただいてきた教育内容の本質はどのような時代になっても変わることはありませんが、時代とともに変化すべきことには、 私立高等学校として、本校独自の特色をもった変化になるよう、積極的に『挑戦』していくことを考えています。21世紀に耐えうる教育内容を提供し、 生徒・保護者の皆様から、金沢高等学校で学びたいと思っていただける学校作りに邁進したいと考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。
金沢高等学校 校長 杉浦 外美夫

金沢高等学校 理事長
河合 敦夫

金沢高等学校 校長
杉浦 外美夫

校歌