金沢高等学校 KANAZAWA HIGH SCHOOL

ホーム  >  ニュース  >  行事

行事

  • 行事 2010.07.19
    第38回吹奏楽部定期演奏会

    県文教会館において開催されました。
    3部構成により第2部ではバトントワリング同好会による演技。3部ではお馴染みのポップスが演奏されました。

  • 行事 2010.07.14
    球技大会がありました

    ~16日まで1~3年生、球技大会がありました。
    サッカー、バレー、バスケット、卓球などクラス対抗で団結して盛り上がっていました。

  • 行事 2010.07.09
    激励会がありました

    平成22年度パンパシフィック大会・高校総体総文・全国大会・北信越大会・高校野球石川県大会の激励会がありました。出場する選手・部は以下の通りです。

    ・パンパシフィック 小堀(2年)・柔道部 ・男子テニス部
    ・陸上部 ・自転車部 ・男子バスケットボール
    ・相撲部 ・放送部 ・箏曲同好会 ・水泳 ・野球部

  • 行事 2010.06.17
    北信越高等学校体育大会激励会がありました

    7限目、第1体育館で行われました。大会に参加する5つ部の選手が激励に応え、大会への抱負を述べました。

  • 行事 2010.06.10
    2年ACT「出張模擬授業」

    6限目、2年生はACT(総合学習の時間)で、金沢大学の先生の「出張模擬授業」を体験しました。
    学部学科研究の一環として、9学科の先生の授業を聞き刺激を受けると共に、進路意識を見つめ直すことを目的として行われました。

  • 行事 2010.05.27
    高校総体・総文出場選手激励会

    7限目、第1体育館で行われました。ブラス演奏、全校生徒の拍手の中、大会に参加する25の部の選手達が入場しました。各部主将が大会での健闘を誓いました。

  • 行事 2010.05.13
    携帯電話 安全教室がありました

    7限目、第1体育館で「携帯電話安全教室」が開催され、NTTドコモ北陸支社の山下由香里さんが、携帯電話に関する様々なトラブルや犯罪への危険性を映像を使いながら説明しました。「迷惑メール」「ブログへの書き込みマナー」など、高校生に関係する話題も多く、熱心に聞いてました。

  • 行事 2010.04.15
    交通安全教室がありました

    春の交通安全週間の一環として、7限目、第1体育館で交通安全を訴える講演会が行われました。中警察署兼交通第一課長の武渕純夫氏が、特に自転車による交通事故防止を訴えました。

  • 行事 2010.04.12
    新入生対象オリエンテーション合宿がありました。

    4/8(木)~10(土)にかけて2泊3日の1年生オリエンテーション合宿が国立能登青少年交流の家で行われました。
    ホーム別活動やレクリエーションなど通し、スムーズな高校生活をスタートすること。授業の受け方、家庭学習の方法を理解する。集団生活を通して、協力性や思いやりを身につけることなどを目的として実施されました。
    学習活動は研修室に分かれて英・数・国の授業の取り組みを研修し、レクリエーションは、ビーチボールバレー大会がありました。

  • 行事 2010.04.08
    平成22年度新任式・始業式

    1年生が2泊3日のオリエンテーション合宿に出発し、新2,3年生の始業式がありました。式に先立ち、11名の新任の先生方の紹介がありました。
    9,10日校内学力試験、12日対面式があります。

  • 行事 2010.04.06
    春爛漫の笑顔でー平成22年度入学式行われるー

    雪がちらつき、寒さを引きずった3月が終わり、暖かさに桜満開の報道がなされた4月6日。本校第1体育館で、平成22年度入学式が多くの来賓・保護者・教職員が見守る中、盛大に挙行されました。

    参列者の拍手の中、各クラス担任に付き添われた新入生が入場。本田学校長の入学許可の宣言に応えて、新入生を代表して米丘一樹君が「勉学に部活動に、生徒会活動に、力の限り一生懸命取り組むことを誓います。」と力強く入学宣誓を行いました。

    本田学校長は式辞の中で「『疾風に勁草を知る』という言葉を引いて「『勁草』とは地中に深く根を張って簡単には吹き飛ばされない草をさします。苦難や困難から逃げるのではなく、冷静に受け止め、耐えるべきは耐え、解決の糸口を探れるような人間になってほしい」と励ましました。

  • 行事 2010.03.02
    第62回(平成21年度)卒業式がありました。

    第1体育館において、多くの来賓・保護者・教職員・在校生が見守る中、厳粛に挙行され、本田学校長より、卒業生を代表して土谷有輝君に卒業証書が授与されました。
    松野凌也君(2年)の送辞を受け、本多恭子さんが答辞を述べ、最後に卒業生全員で保護者に感謝の言葉を述べ、感動的な式となりました。3年間の様々な経験と思い出を胸に405名が学舎をあとにそれぞれの未来に向かい一歩を踏み出しました。

1 33 34 35 37